忍者ブログ
管理の合間に背後がのらりくらりしてる所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/09/21 (Fri)
嘉凪:春分の日ですよ。誕生日ですよ。
 まさかプレゼント来るワケねぇと思って、儂から経由で彩華に誕生日プレゼント贈らせたけど、そんな心配なかった件!

b67229_icon_11.jpg
や、俺も本気でビックリした。
火曜からは少し顔出し出来る…と思うから、本気でお礼しないとな。


嘉凪:儂もビビったわい。まだもう一個贈ってくださるって手紙もろとるし。
 こりゃ儂、部署異動とかで凹んでる暇ねぇわ。

b73853_icon_3.jpg
今週の私の黙示録参加を忘れていたくらいですからね。


嘉凪:ギクっ。…ごめんなさい。次回は出資で参加出来るように星準備しとくわ。
 と言うワケで、ちょいとお礼SSを…と思ったんで、21日はその前部分のみ。続きは22日以降にちょいちょい付け足して行きますわー。






 


 風が流れるように、蒼が流れる。
地面を踏み込む音が空気を裂き、その音ともに踏み込んで相手に肉薄して懐に入る。下から上へと鋭く風を切る音が聞こえ、目の前の人物の顎を掌が打つ ― と見せたが、相手はその打つ動作を同じ流れにのって後ろに後退する。

その流れを読んでいたのか、まるで剣でも薙ぐ様に振り上げた掌を拳に変えて振り下ろす。
けれどその肘が相手の肩に当たる直前で速度を下げ、少しだけ威力を削いで衝撃を与えると、少し大振りに体を捻って踏み込んだ足を軸に体を回し、大掛かりな回し蹴りで相手を吹き飛ばす。

これが実戦であればアビリティなどで加速していないと相手に当たる可能性など万が一にもないだろうが、相手は一般人。イグニッションしていない状態とは言え、すっかりと常人であれば達人の域に足を踏み込んでいる彼の蹴りから逃げられる訳がなかった。

1mほど跳んだ相手が地面を転がるのを見て、彼 ― 縹の小袖に藍鉄の袴を纏った少年 ― 久臣はしまった、と言うように少しだけ顔を歪めた。

手加減をするつもりだったのだが、最後の蹴りだけは上手く手加減出来ていなかったようだ。
けれど、その後ろから別の気配を感じて振り向き様に肘を突き出す。

後ろから襲い掛かっていた拳を弾き、逆の手で胴へと掌で衝撃を当てる。相手の攻撃を弾いた肘をそのまま延ばし、手加減した裏拳を当て相手を沈める。相手が沈黙したのを見て、さて、次はどうしたものかと悩もうかとしたところで制止の声がかかった。

「勝負あり、そこまで」

 物音が途切れた静かな道場に、水の様な声がそこに終止符を打つ。それと同時に道場の上座で制止の声をかけた祖父の茂久の隣に座っていた老人 ― 辰瀬の氏族長が、戦いぶりに感嘆したように拍手を贈ってきた。

「さすがですね、久臣様」
「すみません。つい……」

 手加減が上手くいかなかったと言う言葉はどうにか飲み込んだ。自分と手合わせをしていたのは、一族の比較的若い…とは言っても、久臣よりも一回り以上年上の一族でも中ほどの世代の者だ。

今日はたまたま、久臣の腕がどれ程のものか見たいと言って、辰瀬の氏族長が連れてきた影候補だった腕利きの者だ。
さすがにそんな大人相手に手加減していたなどばれては、彼らの面目に関わるだろう。かと言って、負けては次期当主としての沽券に関わる。結果、手加減したのを見破られずにかつ勝たなければいけないと言う、非常にやりにくい手合わせをさせられていたのだ。

「いいのですよ。これ位、彼らにも久々のいい運動になったでしょう。」
「いえ、こちらこそありがとうございました。俺も非常に勉強になりました」

 深々と頭を下げる久臣を見て、老人は静かに微笑む。そんな親戚と孫のやり取りを見ていた茂久が、道場の端で久臣に吹き飛ばされた男の怪我を見ていた綾乃に声をかけた。

「綾乃、怪我は他の者に診せる。お主は辰瀬に茶を出して差し上げなさい。それから久臣 ―
 彩華と貴也がお前に届け物があると持ってきておったぞ。直ぐに行ってやれ」

 頷いて、道場を後にする綾乃を見送ると直ぐに茂久が久臣に声をかける。
けれど彼の言葉のないように驚いたのか、当の本人は一瞬驚いた様に首を傾げた。その仕草が姉とそっくりで、似てないとは言えさすがに姉弟だと感じさせる。

「俺に? はい、直ぐに行きます。 ― それでは辰瀬殿、本日はありがとうございました。
 途中で申し訳ありませんが、失礼いたします」

 それだけを告げて、久臣は道場を後にする。2人がかりで何を持ってきたのだろう、と首を傾げながら。

「ああやって見ると、年相応の少年なのですがね。」
「如何せん、体格もだいぶガッシリしてきたからの。儂ももう抜かれるぞ。
 …そろそろ座を譲ってもいいかの」
「今回のお手並みを拝見して、私も問題ないと判断しました。手加減をされて、あれ程とは」

 その後姿を見送りながら、辰瀬の氏族長と茂久が他愛のない話をしていたとも知らずに。


<※21日はここまで。続きは22日以降になります>

PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]