忍者ブログ
管理の合間に背後がのらりくらりしてる所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/10/19 (Fri)
嘉凪(俗に言う背後):(国際電話)ポーランドって何が有名やの。

b67229_icon_8.jpg
遊びに行ってるワケじゃないって何度言えば分かるんだよ。
本気でお前胃が痛いのか?

嘉凪:失敬な。薬は飲まないでいいけどな、たまーに思い出すと重い。痛いわ。

b67229_icon_11.jpg
そのまま痛くて静かになればいいのにな。


嘉凪:ヒデェ。それよか、そっちどうなのよ。

b67229_icon_7.jpg
あー…まだ大丈夫だと思う。
帰りは保証できないケドな。





<と言うワケで、今回はポーランドから久臣視点でお届け。 時差?なにそれ美味しいの?そしてポーランドの冬がどんなのとか知らん。
そして肝心なことは何一つ書いてないので、まあ、雰囲気なSSだと思ってちょ>






 空を見上げると、薄く雲がかかっていて青い空は見えない。吐いた息は白くて、周囲の皆も自然と口数が少ない。雪もまだ残る中を歩くのは、どうしても体力を取られるから、俺も自然と黙って歩いていた。
今の感覚を説明するなら…色があるのに、周囲がモノクロの映画の中みたいな、少し自分がいる場所とは違うような不思議な感じだ。簡単に言うと、現実感が希薄とでも言うか。

(…まあ、無理もないよな。)

 そりゃ、慣れた日本ですらない、言葉もメガリスで今は通じるけど、本来は言語も文化も違う土地の見知らぬ深い森の中。しかも、そこに待ち受けるのは一匹の狼。
いや、一匹だけど一匹と形容するには足りないだろう。そもそもエネルギー体なのだから、匹と言うのは正しくないだろうが、気分的なものだ。

全員が無事に戻ってくるには困難だと安易に分かる、それ程に難しい依頼。
それに挑んでいるんだから、自然と口数は減るものだろう。

 重傷は覚悟の上、最悪の事も考えられるこの依頼に参加した事は後悔していない。むしろ、参加出来た事に俺は感謝したくらいだった。

前回は 縁も持たずに見送った人達がいる。それは、競争率が激しかったから見送ってたってのもあるけど、関わりを持とうとしなかったのは俺だ。
せめて……いや、もしもとかそう言う言葉は彼らと彼らに関わった人達に失礼だから止めとく。
でも、ただ、見送るだけの事がこんなにも悔しいとは思わなかった。関わりを持たなかったから、彼らが本当にあの選択に満足をしてるのかが分からなくて、悔しさを感じるだけだった。
だから今回の依頼に入れたのは、俺自身としてはよかったと思ってる。

依頼に参加した事は後悔してない。…けど、一つだけ後悔してる事がある。

(本当に寝てるのかよ…)

 横目で見た姉貴 ― 嘉凪綾乃 ― の顔を見て、溜息が零れそうになって、止めた。さすがに数日前よりは断然顔色もよくなったとは言え、若干まだ無理してる感は十分にある。そんな姉を見て溜息をついたと気付かれれば、この姉の事だ。尚更無理をするのは目に見えてる。

普段振舞ってる様子は普通だ。皆を気にかけて、他愛のない事にも笑って聞いて、話して。

「…らしくないよな」
「? どうしたの、臣?」
「あー…。あれだけ毎朝禊やってても、寒いものは寒いなーと」

 寒いのは寒い。普通に日本より寒いのもあるけど、森の中を進む所為で日が俺達まで届かないから、明らかに体感温度は寒い。その点では日本が恋しい。
俺の言葉に「空気そもそもが寒いからねー…走ればマシかもよ?」とか首を傾げる綾ねえの言葉に、本気で溜息つきたくなった。

 普通に振舞ってるけど、完全に綾ねえは満足に眠れてない。今はフェンリルと戦う前だって言う緊張感でどうにかもってるけど…まあ、帰りの飛行機で倒れるくらいはいいか。
問題は先日から連絡がぱったりと途切れた義兄の伊知にいだ。とは言うけど、別に連絡が途絶えたのはあっちがどうかなったとかそう言うワケじゃない。
単に、お互いそろそろ敵と接触する頃だから安易に連絡取り合うのは止めようってだけだ。だから、結果はお互い日本の地を踏むまで分からない。

綾ねえがああやって元気に振舞い出したのは、先日伊知にいから直接綾ねえに電話があったらしい。
俺があそこまでお膳立てしたのに連絡の一つもなかったら、本気で殴ろうかと思ったけどそれも不必要だったみたいだ。その点では安心だな。

けど、それでも綾ねえがまだ無理をしているのは、何かがあったからだと思ってる。それは、まだ全快じゃない相手の様子が心配なのは当たり前だろう。にしても、まだ無理をしてる感がある。

2人の間であった会話は、俺には分からない。
けど、綾ねえの様子からして、いい話と…よくない話もあったように見える。少なくとも、泣くのを我慢してるような表情はなくなったけど、まだ、何か…。


日本に帰るまで、…日本では今は22日だろうからあと3日。上手く行けば。

色々溜め込んだ問題とか、激励の言葉で送り出してくれた人への礼とか溜めてるんで、早く帰りたいのは山々だけど…結果はどうだろうな。

3日後に、全てが分かる。 他の班の動向も   結果も。

それまでは、俺も目の前の事に集中しないとだな。


嘉凪(背後):ここ数日で功刀とメールとかでちょいと話しました。
 今回の依頼が帰ってきた後の事も話して、方針は決めてます。

 …あとは結果がいい事だけを祈るばかりですわ。
 胃が痛いのと、無駄に泣けてくるのはイッチーのステシが赤くなったので、マシなんすが、…依頼の結果を考えるとダメやなぁ。涙は出ないが、腹が痛いわ。(汗)


PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]