忍者ブログ
管理の合間に背後がのらりくらりしてる所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2020/04/02 (Thu)

ちょいと前に話してた、綾乃の不眠症の話をちょこっとだけ。
本格的な理由、現状に関しては、もうちょい背後が時間取れる時に頑張りますんで。


insomnia→そのまんまの不眠症って意味。






何があったわけでもない。
嫌なことがあったわけでもない。

楽しいことは多いし、忙しいがそれなりに充実した日々を過ごしている自信もある。

けれど今、綾乃は一人伊知郎の家のベットの上で、ぼんやりと横になっていた。

当の家主はここに自分を送ってくれた後、嘉凪の家に戻ってしまった。
と言うのも、そもそも綾乃が「一人になりたいのかも」とポロリと零した言葉を、彼は二つ返事で受け入れてくれたのだ。
嘉凪の家は住んでいる人数も多いし、訪れる者もそれなりに多い。
そんな中、家事に追われ、学業もこなし、結社の団長もしている綾乃を気遣ってくれたのだろう、伊知郎が自分の家を提供してくれたのだ。

ただし、条件も勿論設けられた。
1.一人になる時間を決める。つまり、数時間したら伊知郎は家に戻ってくると言う事。
2.携帯の電源は切らない。 常に連絡は取れる状態にしておく。
以上の簡単な条件を綾乃と約束し、伊知郎は何も聞かずに部屋を後にした。


だから今、この部屋には綾乃一人。

部屋の物は好きに使っていいと言ってくれているので、遠慮なくお風呂を借りて、綺麗にした体でベットに横たわっていた。
心配せずとも、最近頻繁に通っているこの部屋には綾乃の私物もあり、着替えも置いてあるからだ。


先日、とある場所に持って行ったアロマディフューザーから誘眠作用のある柔らかな匂いがする。

だが、一向に睡魔は襲ってこない。
眠たくないはずではない。何をした訳でも、何かを口にした訳でもないのに眠れないのだ。

「雨、降るのかな」

ポツリと呟いた言葉。 自分がこうして眠れなくなる時は、大抵雨が降る。
現に、少し窓を開ければ、鼻に微かな雨の臭いがした。

雨が降る。
気圧が不安定になり、雨の臭いがして   ―   大好きだった、あの人達の事を思い出す。

目を瞑れば、夢ではなく、あの人達との優しくも楽しく、そして穏やかな日々が思い出される。
それを思い出すから、自然と涙が零れた。



目蓋の裏に思い描いたのは、三人の 過去になってしまった人。

そして思い出すのは ―

決して戻ることの出来ない 息をするのも苦しくなるほどに、悲しくも優しい日々の記憶だけ

その記憶を途切れさせてしまう事が、忘れようとしているみたいで苦しくなる
綾乃は唇を噛み締めて俯くと、自分の心の中で静かに記憶を元の場所に収める

まるで 記憶を忘れないように大切に仕舞いなおすように




                                    IBGM「大事なものは目蓋の裏」


             ぶっちゃけると、綾乃のオリジナルになった人物の役割は「見送り、残される者」です。
             『必ず、常に大切な人を見送る役割を担い、自身は望まずとも最期まで残される』運命
             を担っています。
             別れ方は様々で、主なものは死別。
             こっちの綾乃は両親と、綾乃に今の彼女の在り方を教えてくれた大切な人を喪ってますが、
             オリジナルの方は家族全員(両親、弟、祖父母)、そして養父、最悪恋人も亡くしてます。
             や、別に彼女がどうこうしたって訳でも、誰にどうこうされた訳でもなくて、
             全員が全員、偶然なる事故死や自然死だったりします。
             ある意味打倒で、そして何事にも耐え難いほどに理不尽なのに自然な終わりです。

             綾乃の不眠は上記の大切な人との別れの反動になります。
             三人目については、後日イッチーお借りして、久臣との対談で暴く予定っす。

             IBGMは、その三人目とのって感じですねー。
             なんでこのタイミングでこの話かっつーと、三人目の話が予想外に長くなったので、
             その前話にってのと、単にIIBGMを久々に聞いたからってだけですわ。


PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]