忍者ブログ
管理の合間に背後がのらりくらりしてる所です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/07/20 (Fri)
b73853_icon_5.jpg
…かなり遅くなってしまいましたね。



嘉凪(背後):や、まさか今週こんなに忙しいとは思わず、参加者の方々には本当に申し訳なく…。(土下座)

<14日0時>
でも、本当に素晴らしいOPです!…プレが見劣りしてないかが不安でしょうがないっす。
申請をしてくださったテオさん、受理してくださったMSには心から感謝しますです。

<14日1時>
初回の自己強化を、炎の魔弾での攻撃に変更。
それに伴い、複数個所の文字数を少しだけ削りました。(※削った箇所に変更はありません)





私も彼らには及ばずとも、役目を担う者。
ですが役目に囚われ、戦うべき戦場を喪った彼らは
あまりにも痛ましくて、哀れにすら感じます。

戦争には程遠いですが、私達が戦いの舞台を用意します。
これを最期に…もう解放されてもいいのではないですか?


■呼称
苗字+様 ※例外:テオ様

■戦闘

優先順位:通信兵(受信>送信>解読)>機械技師&暗号機

中衛にて前衛の援護に回るので、
前衛・後衛と動線が重ならないように配置。
直線攻撃の可能な敵が居ない、
もしくは倒れたならば後衛の守りとなるようにします。

初手に炎の魔弾にて、前衛の援護射撃

以降は水刃手裏剣→炎の魔弾で優先順位順に敵を狙撃。
アビリティが切れたら、射撃にて接敵せずに攻撃します。
魔弾の射手の自己強化は余裕がある時に。

前衛の攻撃支援を目的とする為、極力同一の敵を狙います。
※炎の魔弾は受信担当が居る場合は囮の阻害と成りかねないので、
極力使用しない。

囮の皆様に比べれば、私の痛みなど些細なもの。
ましてや目の前の彼らとは比較も出来ません。
痛みの声や表情は押し殺し、戦いに集中します。

残りHPが4割になった場合、
かつ回復支援を受けられない場合は射手にて回復。


■戦闘後

玉音放送が流れるならば静かに聞き入り、何も言いません。
静かに長い黙祷を捧げて彼らの冥福を祈る。
安らかにお眠りください。……お疲れ様でした

誰も知らずとも、誰が忘れようとも、
彼らのやり遂げようとした姿は私が忘れません。 


-------------------------------------------------------------------------------------
以上、599文字→598文字

皆様の仮プレも確認しましたので、大きな勘違いなどはないはずかと。



PR
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]